人気ブログランキング |

SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回

SPINOR夜学講座

「舞踏とは何か」舞踏対話
"Qu'est-ce que le Butoh ? " dialogue de Butoh
SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18154733.jpg
 舞踏家などとの対話を通して、半世紀を越えた舞踏の現在と今後を考える講座シリーズです。
 1959年に『禁色』で始まったとされる舞踏は、60年が経過している。土方巽、大野一雄といった第一世代のみならず第二世代も70を超え亡くなった舞踏家も多い。だが世界中で舞踏を学び、踊る人たちがいる。年間数百人が海外から舞踏を求めて日本を訪れる。日本でも北海道舞踏フェスティバル、京都舞踏フェスティバルは毎年規模を拡大している。
またコンテンポラリーダンスへの舞踏の影響も見逃せない。重要なダンサー、振付家には舞踏の経験がある者もおり、フランスのヌーヴェルダンスなどへの舞踏の影響も指摘される。
では現在、舞踏はどうなっているのか。そして、今後どうなるのか。
毎回一人ずつゲストを迎えて、それぞれの舞踏や舞踏についての考えなどを聞き、彼らとともに舞踏を考えていく

講師 志賀信夫
 批評家、編集者。舞踊批評家協会会員。舞踊学会員。テルプシコール舞踏新人シリーズ講評者。舞踊、美術、文学などの批評を『Dancework』『Dansart』『TH叢書』『TH ExtrART』『図書新聞』『読書人』などに執筆。著書『舞踏家は語る』など。身体表現批評誌『Corpus』主催。編集者として月1冊書籍を刊行。『舞踏言語』『フランス舞踏日記』『世界を踊るトゥシューズ』など。

SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18153342.jpg

第1回対話
岩名雅記(舞踏家、映画監督)vs 志賀信夫(批評家)
”岩名雅記の舞踏と映画のつくり方”
"Comment fait-on le butoh, le film ?" par Masaki Iwana

1977年大野一雄『ラ・アルヘンチーナ頌』から舞踏を見続けている批評家志賀信夫が、フランスで30年以上舞踏家として、さらに2006年からは映画監督としても活躍する岩名雅記と、舞踏について、岩名の映画について対話します。

日 時:2019年9月11日(水)19:30〜21:00
場 所 : SPINORギャラリー
    〒101-0051 千代田区神田神保町1-20 小川ビル2階
    地下鉄神保町A5出口3分
料 金:3000円 15名限定 *終了後プチパーティ
問合せ:butohart@gmail.com 090-2452-2116(shiga)

ご予約はこちらのフォームからできます↓少人数会場なのでおはやめの予約をお勧めします
岩名雅記
1945年東京生まれ。演劇活動を経て、1975年師もなくソロ舞踊を開始。1984年までに全裸、不動、垂立による実験的ソロ・パフォーマンスを150回以上展開。1983年フランス・アヴィニヨン国際演劇祭招待を機に活動の中心をヨーロッパに移す。世界各国でソロ活動を展開。1996年南ノルマンディにアトリエを開設。2006年に初の長篇舞踏劇映画『朱霊たち』を監督、2008年ポルトペロ国際映画祭でグランプリ、2010年『夏の家族』、2012年『うらぎりひめ』2017年『シャルロット/すさび』
SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18153627.jpg

SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18154907.jpg


SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18160499.jpg
SPINOR夜学  「舞踏とは何か」舞踏対話 第一回_c0127768_18160291.jpg


by diadia3571 | 2019-08-06 00:29

ギャラリースケジュール/夜学講座案内


by diadia3571
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29